ovject

ovject meets CHIHIRO NAKAMOTO
Recipe for YOU / Spice Pork Curry

Recipe for YOUMOVIE

Recipe 1 - Spice Pork Curry

移動式のカレー屋、DISHes Curryでも定番のスパイスチキンカレーをポークバージョンにアレンジ。トマトの甘みと様々なスパイス、マリネにした柔らかい豚肉。辛すぎない程よいスパイスと食材の旨味が調和したカレーです。ナチュラルでサッパリとした栄養バランスが取れたレシピにしました。

スパイスポークカレー 6人前

マリネして煮込む食材

  • 豚肩肉塊 500g 2cm角
  • 塩 小s1/2
  • 無糖ヨーグルト 300g

炒める食材

  • 米油
  • シナモンスティック 1本
  • カルダモンホール 5個
  • クローブホール 5個
  • クミンホール 小s1
  • マスタードシード 小s1/2
  • 玉ねぎ 大2個 1cm角
  • 塩 小s2
  • にんにく 5g 微塵切
  • 生姜 5g 微塵切
  • ブレンドスパイス 大s2

煮込む食材

  • トマト水煮カット缶 1缶(400g位)
  • 味醂 大s1
  • 醤油 大s1
  • ドライハーブミックス 小s1
  • コンソメスープ 100cc
  • 牛乳 100cc

焼き上げる食材

  • 好みの季節の野菜
  • オリーブ油

■作りかた

STEP 1.
豚肉は2cm角位にカットし、ヨーグルトと塩で半日ほどマリネしておく。
STEP 2.
鍋に米油とホールのスパイスを加えて弱火で加熱して香りを出す。
STEP 3.
パチパチ音がしてきたら中火にして玉ねぎ、塩を加えて茶色く色付くまで炒める。
STEP 4.
にんにく、生姜を加えて香りが出てきたらブレンドスパイスを加えて更に炒める。
STEP 5.
マリネした豚肉と残りの材料を加えて15分程煮込む。
STEP 6.
季節の野菜は盛り付けやすいようにカットし、グリルプレート(蓋)を使い、オリーブ油と塩でさっと焼き上げる。
STEP 7.
盛り付けたカレーに季節の焼き野菜を添えて完成。

鋳物ほうろう両手鍋 深型[23cm]

蓋でも調理できる万能鋳物ほうろう両手鍋深型

ovjectの両手鍋は、3.6Lの容量で炊飯をはじめ、家庭でのダッヂオーブン、煮る、蒸す、焼くなどあらゆる調理が可能です。蓄熱性の高い鋳物製なので美味しく調理でき、更に全面ほうろう仕上げで錆びることが無く、簡単な手入れで長く使用できます。グリルプレートを兼ねた上蓋は、グリルの凹凸で焼き野菜や肉料理にキレイな焼き目を付けるのに最適です。また蓋も程よい重量で密閉性が高く、煮物、蒸し物、焚き物、炊飯などの際に、グリルの凹凸で蒸気を無駄なく使い、スチーム効果でより早く食材に熱を通します。フラットな形状なので上にモノを置くことができ、効率的に収納も可能。特徴的な取手の形状は、ミトンをした状態でもラクに開閉出来る機能から導き出されたカタチです。鋳物の高い蓄熱性、ほうろうの優れた清掃性、心地良く使用できる機能性が一体になった両手鍋です。

  • 3.6Lの容量で炊飯、ダッヂオーブン料理など、煮る、蒸す、焼くなど 幅広い調理が可能
  • 錆びないほうろう仕上げの鋳物鍋
  • 蓋もグリルプレートとして使える多機能鍋
  • IH対応[電子レンジ以外の熱源に対応]
  • 密閉性の高い程よい重量の蓋の凹凸が、 食材に蒸気を循環し、旨味を逃さない
カラー / 品番
マットブラック(O-THP-23D)
価格
¥25,000+TAX
サイズ
蓋を閉じた状態: φ240(取手含めW294)×H115
蓋: φ240×H13
鍋: φ240(内径φ230)×H102
質量
蓋: 1.4kg 鍋: 2.8 kg 総重量: 4.2kg
素材
鋳物(全面ほうろうコーティング)
製造国
日本
購入

Ovject
Recipe for YOU

それぞれの生き方、暮らし、価値観。自分らしいライフスタイルを送る人々に、日常の道具としての機能は備えながら、独自の個性を持つプロダクトをつくるプロダクトレーベルovjectと料理家によるあなたの為のレシピ。 ovject鋳物ほうろう両手鍋 深型に最適な季節のレシピを提案していきます。

Chihiro Nakamoto 中本千尋

Chihiro Nakamoto 中本千尋

フードデザイナー
フレンチレストラン、短大の調理師学科アシスタント講師などを経て独立。〝食の時間をデザインする〟をコンセプトにイベントディレクション、ケータリング、セミナー、メニュー監修など多彩に活動。また、スパイスに魅了され、移動式のカレー屋DISHes curryを営みながら、日々探求、研究に励む。